法人口座を作るときに必要なもの

法人口座開設の注意事項

法人を設立したら、法人名で銀行口座を作ることをおすすめします。法人を設立したのに、代表者個人名の銀行口座を利用しようとすると、取引相手から不信感を持たれるおそれがあります。法人の設立自体はさほど難しくありませんが、法人口座を開設する際にはいくつか注意すべきポイントがあります。法人口座の開設を認めるのは銀行などの金融機関です。金融機関に法人として信用されないと、口座を開設してもらえません。法人として信用されるためには、事業目的が明確で、取引先との契約書や領収書など活動実績を示す書類の提出が欠かせません。また、固定電話や公式ホームページを設置するなど、様々な準備も必要です。さらに、法人の所在地がバーチャルオフィスなど、事業所の実体が確認できないケースも口座開設が困難になることもあるので、他の法人と共有できない独自の住所を持つことも重要だと言えるでしょう。

法人口座開設に必要なものとは

法人口座を開設する際には、以下の書類や印鑑を銀行に持参することになります。まず、法人の登記簿謄本が欠かせません。法務局で受領できる履歴事項全部証明書の提出を求められます。法人登記は準則主義なので、正式な手続きを踏んで登記申請すれば必ず登記が認められます。登記しなければ法人として認められず、権利能力なき社団という任意団体として扱われるため、ゆうちょ銀行などを除き口座開設は難しいでしょう。

このほかに、法人の理念や目的を定めた定款を作成して提出します。法人の名前で作った印鑑も必要です。法人代表者個人の実印と印鑑証明書も揃えておきましょう。代表者については、運転免許証など身分証明書も提出を求められます。さらに、法人の活動実態がわかる資料も整えておかなければなりません。振り込め詐欺や投資勧誘詐欺など犯罪に利用する目的でないことを証明するためにも、具体的な活動内容を詳細に記した資料が必要です。