法人口座の使い方

法人口座とは?個人口座の違いと開設のメリット

「法人口座」とは、会社名などの法人名義で使用する銀行口座のことを指します。生活で利用するプライベートな個人口座とは異なり、法人としての取引や管理などに使用される口座です。個人口座でも事業での利用はできますが、「個人と法人の資産を混合している」と見做され横領の疑いをかけられる可能性が高いです。一方、法人口座は名義によって取引先からも個人口座との使い分けを把握できるので、会社の信頼性を証明するという大きなメリットがあります。さらに、税務署や消費者に対しても安全性を明示できるほか、個人と法人で別々に資産管理を行えるという利点もあるので、開設しておいて損はありません。 しかし、法人口座は匿名で使用できるため犯罪利用の可能性が高く、口座開設には厳正な書類審査が必要となり、法人として開設する正当な理由や事業の実在が認められなければ開設できないので注意しましょう。

個人事業主でも開設できる?個人で法人口座を使うメリット

個人事業主でも「屋号付き口座」として法人口座を作ることが可能です。「屋号」とは法人名義のことで、個人事業主の場合は源泉徴収票や開業届など、屋号を使用していることを証明できる書類があれば開設できます。この屋号付き口座も法人名義で登録されるので、「収支管理のために口座を分けたい」「事業に使う名前は法人名義で統一したい」など、個人事業でも法人として開設したい場合に便利です。また、「事業主としての収支があると証明できる」「匿名で利用できる」などのメリットもあり、自身の経営スタイルに合わせて使えます。 なお、証明書類の審査は機関ごとに異なり、活動の履歴や(事業主としての)収支の有無が問われない場合もあるので、活動前に法人口座を用意することも可能です。