法人口座を作ることができる金融機関

メガバンクと地方銀行

法人口座を開設する金融機関として真っ先にイメージするのが、やはりメガバンクでしょう。全国に支店網があり、一般的にも知名度が高いので、メガバンクで法人口座を開設すれば、会社の信用力アップにも役立ちます。ただし法人口座の開設基準が厳しく、口座維持手数料も高めに設定されているので、事業規模の小さいお店や中小零細の企業では、デメリットになることもあります。

もちろん地方銀行でも法人口座の開設は可能です。こちらはメガバンクとは異なり、地域に密着した営業が大きな特徴。そのため地方銀行の営業圏にあるお店や企業であれば、法人口座も比較的容易に開設することが可能です。また融資においても地元のお店や企業に対しては、親身に相談してもらえるケースが目立ちます。

ゆうちょ銀行とネット銀行

意外と一般的にあまり知られていないのが、ゆうちょ銀行の法人口座です。メガバンクと同じく全国に支店網がある上、口座維持手数料が無料であることは大きな魅力。またATMでの現金の引き出しやゆうちょ銀行への振り込みまで、ここなら無料です。さらには法人税の電子納税にも対応しているなど、まさに法人口座の穴場とも言えるでしょう。

実はネット銀行でも法人口座の開設が可能です。最も大きなメリットは、インターネットでの振り込みや決済が24時間365日可能なこと。インターネットを活用した銀行ならではの強みと言えます。さらに口座維持手数料がかからないことや振込手数料が安いこと、預金の金利が高いことなども、注目すべきメリットです。店舗数が少ないネット銀行では、人件費などのコストが軽減できる分、お客様へのサービスに還元することが可能になります。