法人口座を作る際の審査

法人口座の審査を受ける際に必要となる書類

法人口座を作る際の審査には申込用紙だけではなく、銀行が指定した書類を用意する事が必要となります。必ず必要となる書類として登記事項証明書・印鑑登録証明書・会社印鑑・本人確認証明書の4つが挙げられます。また、申込をする銀行によっては上記4点以外にも法人設立時の届出書や事業内容・事業計画書等の提出を求められる事も珍しくありません。指定された書類が1つでも足りていないと審査を通過する事が出来なくなります。必要な書類は、各銀行の窓口だけではなく、ホームページにも記載されているので申込前に必ず確認するようにしてください。また、必要な書類の作成や取り寄せに時間がかかる場合もあるので、ある程度余裕を持って準備をすると良いでしょう。

審査を通過するには社会的信用が重要となる

個人だけではなく、法人口座の開設も審査が厳しくなっています。登記住所がバーチャルオフィスやシェアオフィスだという理由で審査に落ちる会社も増えています。また、提出した事業計画書の内容が薄かったり、法人・会社設立時の資本金が低すぎる場合も審査に落ちてしまいます。事業計画書は曖昧な表現や説明をせず、誰が見ても理解出来るように簡潔にまとめてください。資本金の最低金額は明確にされていませんが、少なくても100万円は資本金として用意しておいた方が無難です。法人口座を作るための審査を通過するためには、会社の事業内容や今後の計画をしっかりと説明出来る事や会社の代表者の身元がはっきりしている等、社会的信用が重要となります。