法人口座のメリット

社会的信用が得られる

法人名義の銀行口座は、持つだけで社会的信用が得られるというメリットがあります。会社を設立した後も個人名義の銀行口座を使用している人も少なからず存在しますが、法人名義の口座でない場合は個人事業主と勘違いされる事も珍しくありません。法人名義の口座を作るだけで個人事業主ではなく、会社・組織である事を簡単にアピールする事が出来ます。法人口座は銀行や取引先・顧客からも信用してもらいやすくなります。会社の代表者名義の口座で取引先・顧客とお金の取引をしても問題はありませんが、取引の回数が多くなると会社の財産と代表者の財産を混同してしまうというリスクも生じます。取引先・顧客や税務署に無駄な手間や心配をかけないために法人口座を作ったという意見も増えています。

法人名義のクレジットカードが作れる

法人口座は「クレジットカードが作れる」という点でも人気となっています。法人口座は社員1人1人に専用のクレジットカードを作れるので、社員の経費を一括で管理する事が可能となります。クレジットカードを使う人数が増えても支払い口座は1つなので経費精算にかかる手間や時間を大幅に削減する事にも繋がります。さらに、クレジットカードは、利用した経費の金額と支払い明細が記録として残るので経費精算のトラブルに多い計上漏れも同時に防げます。法人口座でも一般的なクレジットカードと同様に付帯サービスを利用出来ます。付帯サービスの内容は契約するカード会社によって異なりますが、オンライン・プロテクションを利用したり毎月の経費の支払いでポイントを貯められるというメリットも得られます。